柏原市軟式野球連盟規約



                 第1章  名称及び事務所

第1条 本連盟は、柏原市軟式野球連盟(以下「連盟」という。)と称し、事務所を
 丸橋運動具店にに置く。

                 
第2章  目的及び事業
 
第2条 本連盟は、アマチュアスポーツとしての正しい軟式野球を普及し、青少年
 を中心に会員相互の親睦と道徳の向上をはかり、より一層の発展に寄与するこ
 とを目的とする。
第3条 本連盟は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
  1 軟式野球大会の主催、後援及び協賛
  2 軟式野球の普及発展、技術向上に関する指導研究
  3 大阪府軟式野球連盟の主催する各種大会への参加
  4 軟式野球施設及び用具等の拡充改善に関する事項
  5 その他目的達成に必要な事項

                 
第3章  構成及び会員

第4条 本連盟は、会員及び役員をもって構成する。
第5条 会員とは、連盟に登録されたチームで、次の条件を具備しなければならな
 い。
  1 柏原市内の在住者又は事業所に勤務する者であって、25名以内の競技者
   (マネージャーは除く。)で編成したチーム。
   ただし、理事会に諮り特別に認めた場合はこの限りではない。なお、登録は男
   女を問わない。
  2 柏原市ソフトボール協会に選手登録をしていない者。
第6条 会員となるチームは、所定の登録申込書及び会費を提出し、登録を完了し
  たことによって資格を取得する。
第7条 登録に関する細則は別に定める。
第8条 会員は、次の事項の一つに該当するときは、その資格を失う。
  1 自ら脱退の意志を表明したとき。
  2 除名、その他の処分を受け不適格となったとき。

                 
第4章  役    員

第9条 連盟に、次の役員を置く。
     会   長        1名
     副  会  長      若干名
     理  事  長        1名
     副理事長      若干名
     理   事      若干名
     監   事        2名
     顧   問      若干名
第10条 会長及び副会長は、理事会で推薦する。会長は、連盟を代表し統括する。
2 副会長は、会長を補佐し、会長に事故ある時は代行する。
第11条 会長は、必要に応じ、顧問その他役員を委嘱することが出来る。
第12条 理事は、真に野球を愛し情熱を傾ける者の内から会長がこれを委嘱する。
第13条 理事は、互選により理事長、副理事長並びに監事を選出する。
第14条 理事長は、理事会を代表し会務を執行する。
2 副理事長は、理事長を補佐し、理事長に事故ある時は代行する。
第15条 理事長は、必要に応じ理事会の承認を得て事務局長を指名し、日常の会
  務を委嘱することが出来る。
第16条 役員の任期は2カ年とする。ただし、再任は妨げない。
第17条 役員の任期が満了しても、後任者が就任するまでは、その職務を行わな
  ければならない。

                 
第5章  会    議

第18条 本連盟の会議は、次のとおりとし、理事長が議長となる。
      理    事    会
      常 任 理 事 会
第19条 理事会は、毎年度初めに開催し、事業報告、事業計画、予算並びに決算の
  の審議、その他重要な事項を決議する。ただし、会長が必要と認めたとき、または
  理事の半数以上が要求したときは理事会を招集することが出来る。
第20条 常任理事会は、理事長、副理事長、事務局長、審判部長並びに企画部長で
  構成する。なお、必要に応じて理事長の指名する者をこれに参加させることが出来
  る。
第21条 常任理事会は随時開催し、理事会より付託された事項その他緊急を要する
  事項等について協議、決議する。なお、必要に応じて次の理事会で承認を得なけれ
  ばならない。
第22条 会議はすべて半数以上の出席をもって成立し、出席者の過半数によって決定
  する。なお、可否同数のときは、議長がこれを決する。

                 
第6章  会    計

第23条 本連盟の会計は、会費、事業収入、寄付金並びにその他収入をもってこれ
  にあてる。
第24条 本連盟の会計年度は、毎年1月1日に始まり12月31日をもって終わる。
  会計年度末の過不足金は翌年度に繰り越すものとする。

                 
第7章  専  門  部

第25条 本連盟の日常の運営は、専門部により実施する。
      総  務  部
      企  画  部
      審  判  部
第26条 総務部は事務局に属し、日常の業務にして他部に属しない事項を処理する。
2 企画部は、各大会、その他の事業の企画に当たる。
3 審判部は、各大会の審判業務及び審判員の技術の強化指導を計る。

                 
第8章  そ  の  他

第27条 会員チーム及び構成員は、本規約並びに細則に違反することは出来ない。
第28条 会員チーム及び構成員は、営利的、宣伝的並びに政治的等の効果を求める
  ような目的で開かれる大会に出場することは出来ない。
第29条 前条に違反した会員チーム又は構成員は情状により除名並びに出場停止そ
  の他の処分を受ける。
第30条 本連盟の表彰並びにその他の事項については、理事会又は常任理事会にお
  いて適宜行うことが出来る。

付則
1 この規約は、昭和43年1月1日より実施する。
2 この規約の改廃は、理事会の議を経て改廃できる。

付則
1 この規約は、昭和59年1月1日より適用する。
2 大阪府軟式野球連盟柏原支部規約は、この規約を準用する。この場合は、第1条中
 「柏原市」軟式野球連盟」とあるのは「大阪府軟式野球連盟柏原支部」と、第8条、第9
 条中「会長」及び「副会長」とあるのは「支部長」及び「副支部長」とそれぞれ読み替える
 ものとする。

付則
1 この規約の第5条1号の規定は、平成16年1月1日より適用する。